Subscribe

電話で性行為

テレフォンセックスという単語を知っていますか?
近頃の方にはそれほど聞きなれないと思いますが、過去においてテレフォンセックスはとても大衆的な異性とのコミュニケーションでした。
当然、対象が誰であるかを問わずに実施されるというものではないのですが、まさに今の出会い系のウェブサイトみたいな位置にあるもので、テレホンクラブと称される場所で親しくなった男性と女性が電話を介して性行為を堪能するというものです。

「電話で性行為?」と感じる方もいると思います。
電話、要するに容貌の確認できない対象と言葉を介して性行為を堪能する、それがテレフォンセックスなのです。
即ち、現実に契りを結ぶのではなく、あくまで対象の言葉を享受してそれを自分で実施する。

分かりやすく述べてしまえば対象と会話をしながら、対象の指導に追従するマスターベーション、それがテレフォンセックスです。
ですが、容貌が確認できない、だけど声が耳に届く。

それがテレフォンセックスの喜びでもあり、テレフォンセックスにのめり込んでしまう方が沢山いるのはそういった興奮を誘うところが強いのですが、そのようなテレフォンセックスが近頃になってもう一度旋風を巻き起こしているのです。
以前はテレフォンセックスの対象を見つけ出すのも困難でしたが、近頃においては出会い系のウェブサイトに象徴されるように、大人の出会いの場所というものがとても満ち足りた社会になっています。

そのため、テレフォンセックスの対象も過去と比較して割合に容易に探し出す事が可能となっているのですね。
それ故にこそ、テレフォンセックスがもう一度旋風を巻き起こしているのだと思います。

テレフォンセックスの醍醐味

そのようなテレフォンセックスの醍醐味というのはどういったところに存在すると思いますか?

テレフォンセックスというのは前にも解説しましたが、電話を介して対象との意思の疎通を図り、そこで双方のマスターベーションを「声」によって性行為と勘違いさせる・・・ちょっと形式ばって述べるとそのような事になるのですが、分かりやすく述べてしまえば目の前に対象が存在しなくても模造の性行為を堪能する事が可能という事です。

性行為の魅力として対象のリアクションを見るという部分が列挙されるでしょうが、テレフォンセックスではその対象のリアクションをストレートに、その上電話を介してとはいえ同時進行で耳にする事が可能です。
当然、自分の声も対象に伝達する事が可能です。

ここがチャット等の性行為と違う部分ですね。
テキストではなく、声を介して双方が意思の疎通を図るので、テレフォンセックスというのは契りを結んでいないだけで、それこそ性行為そのものとも定義できると思います。

その上現実の性行為というのはそれこそ対象との時間をマッチさせるのみではなく、落ち合って、場所を用意して・・・と様々に煩わしいですが、テレフォンセックスの場合には、それこそ電話の費用のみでも行なえてしまうという金銭面でリーズナブルな部分、そして自宅に留まりながらにして行えるという部分もテレフォンセックスの醍醐味として列挙されるのだと思います。

現実に実施しているのはマスターベーションとはいえ、それはやっぱり「性行為」と言い表しても構わない、それがテレフォンセックスなのです。